コラーゲンやエラスチンの減少で、皺になる

肌の乾燥というものがになりやすいとは思われがちですが、原因はそれだけではなさそうです。

皺というものも一種の老化で、皮膚の「真皮の繊維」の組織による老化です。
これは、コラーゲンやエラスチンなどの減少によるものと考えられます。

このコラーゲンやエラスチンという弾力のある繊維が肌にめぐらされており、この部分が真皮と言われるものになります。

この弾力のある繊維、コラーゲン繊維やエラスチン繊維が傷ついたりすることで、肌の弾力が失われていき、結果、これが皺の原因となるのです。

エラスチンやコラーゲンの老化を促進させるものとして

  • 無理なダイエット
  • 皮膚を強く引っ張ってしまうこと
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 喫煙
  • 紫外線の影響

が原因と言われています。

乾燥肌はセラミドなどが減少して水分維持機能が低下していることです。
乾燥肌というものが皺になる原因と考えがちですが、上記からも考えられるように、一概には乾燥肌だから皺になりやすいということは考えられません。

目元などは比較的皺になりやすいのですが、これは目元の皮膚が薄いからです。
皺対策はコラーゲンエラスチンの減少などによるものなので、これに合ったクリームなどを付けたりします。
レチノールの入ったものなどが効果的なようです。
このレチノールは、ビタミンAの一種でコラーゲンを増やす作用があるそうです。

また、美容機器などで売っているイオン導入の機械などでと一緒に化粧水(ビタミンC誘導体入り)を利用して、毛穴の開き対策を一緒にされることをお勧めします。

また、年齢とともに気になる法令線に関しては、この2点だけではなく筋肉の緩みなどもかかわってきます。
法令線に関しては、口元のエクササイズはもちろん、口元を上げるなどをして日頃から気にかけてあげることも大切です。

このページのトップへ