セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンが大切

健康な角質層は、おおよそ20%の水分を含んでいます。
この水分量が減った場合、乾燥肌と言われるものになります。

加齢や洗いすぎによって、肌の潤いを守るセラミドが減少します。
肌の潤いをまもっていのものがなくなるのですから必然的に肌は潤いをなくす、いわゆる乾燥肌というものになってしまうのです。

セラミドは細胞同士をつなぎとめて水分を抱え込む働きをします。
このつなぎとめる役割のものが減少することにより、肌の水分量をためることができなくなるのです。

では、「セラミドを減らさない=乾燥肌にしない」ようにするにはどうしたらよいのでしょうか。
まず、重要なことは、セラミドは4週間間かけて作られてきます。

また、加齢とともにこのターンオーバーの時間はかかるようになります。
この時間を考えて、肌のお手入れをしていかないとなりません。

まずクレンジングに含まれる界面活性剤というものは、セラミドを取り除いてしまいます。
ですので、強いタイプのクレンジング(オイル・リキッドなど)を避け、時間をかけないようにする。
セラミド配合の保湿美容液で補う。
また、睡眠時間中にセラミドが作られますので、規則正しい生活をして代謝をよくする努力をしましょう。

また、日中肌が乾燥して困る場合も、化粧水ではなく、美容液の方が良いようです。
週に1-2回程度は、固まるタイプの保湿パックをするのも有効的です。
ヒアルロン酸コラーゲンエラスチンなど、水分の保有力のある成分があるので、この成分が配合されたクリームなどでケアすることもよいようです。

このページのトップへ