入浴後や外出時に、体から水分を逃がさないケア

疲れた身体を癒すお風呂。

ゆっくりと湯船につかり、1日の疲れを取るのにもとてもよいのですが、この入浴後に気を付けなければならないのは、湯気とともに身体の水分も失われてしまうということ。

疲れを癒したら「肌がカサカサ」してしまった!なんて嫌ですよね。
入浴後は肌が潤っていてほしいもの。

お風呂から出たら、乾燥肌は特に体から水分を失われないことが重要です。
ですので、軽く水分を拭き取ってからできれば1~2分以内で保湿ケアをするのが望ましいといわれています。

私の場合は入浴後の乾燥肌対策としては、タオルで全身を拭いてからスキンミルクをくまなく塗っているのですが、髪も濡れている場合など、数分で拭ききれないと思ったときはすかさずベビーオイルや、スクワランオイルなど、オイル系のものを塗っています。
要は体から水分を逃がさないのが重要なのです。

入浴時だけでなく、外出時にもこれは言えることです。
意外と忘れてしまうのですが、外出時でも水分はいつの間にかなくなるのです。

女性だと外出時にお化粧等はすると思うので、ある程度は顔の乾燥肌ケアにはなりますが、これは単に「顔」だけのケア。
乾燥肌の方はこれにプラスして、乳液などを足や手に塗ってから外出すると違いが出てくると思います。
そして、常に自分に合ったクリームなど持ち歩くのもよいと思います。

気づいたら塗るというということをこまめに繰り返すだけで、乾燥肌から少しずつ潤いをもった肌へ変化していくと思います。

乾燥肌だと、将来皺になりやすい状態になってしまいますので、早いうちからのケアをお勧めします。
一番重要なのは毎日のお手入れです。
一生つきあっていく自分ですから身体のケアは本当に大切ですよね。

このページのトップへ