!--link rel="canonical" href="http://www./" /-->

乾燥性、脂漏性、アレルギー性など

敏感肌にはいろいろなタイプがあります。

乾燥性の敏感肌脂漏性皮膚炎アレルギー性の敏感肌
または自分で肌を荒らしてしまって結果敏感肌となってしまうタイプがあります。

セラミドが減少して乾燥している場合、敏感肌になってしまうので、このタイプにはセラミドを減らさないためのスキンケアが必要です。
クレンジングに気を付けたり、セラミド配合の美容液なども効果があるようです。

また、全身を洗う時には石鹸と綿タオルなど、なるべく肌に刺激をかけない洗い方に入浴後はボディクリームを塗るなどして対策をしてください。

脂漏性皮膚炎からくる敏感肌は皮脂分泌が増え始める中学~起こるようです。
原因は皮脂の分泌機能が異常・皮脂成分の変化ではないかと言われていますが、原因はよくわかっていないようです。

また、頭皮がかゆくなったり、フケが増えたりという場合、洗いすぎるとかえって悪化する場合があるようです。
あまりひどい場合には、専門医の受診をお勧めします。

アレルギータイプの敏感肌はかゆみや赤みが出やすく、ストレス季節の変わり目などで症状が悪化することがあります。
敏感肌になってしまう原因がはっきりしているのならば、ぞの原因物質を避けることが先決です。

また、きちんとした正しいスキンケア規則正しい生活をするのも肌のバリア機能を向上させ、敏感肌対策になります。

自分で肌を荒らしてしまって敏感肌になってしまっている場合は肌のケアなど、根本的な部分をきちんと見直してみましょう。

このページのトップへ