肌のバリア機能となっているセラミドが不足

一般的に、化粧品にかぶれやすい・少しの刺激でも肌にかゆみや赤みなどが出てしまう症状の肌質が敏感肌と言われているものです。

少しのきっかけにより、肌の影響が出てしまうのです。

またアレルギーなどが要素になることもあります。
妊娠中などをきっかけに敏感肌になるという方もいるようです。

私も香料など入っているファンデーションなどを使うと、かゆみが出たり、赤くなったりしてしまって、化粧どころではなくなってしまう症状が出ます。

敏感肌にも色々なタイプがみられ、

  • 乾燥からくるもの
  • ストレスなどからくる脂漏性の皮膚炎からによるもの
  • 自分で洗いすぎからくる敏感肌

などあるので、それぞれに応じた対応が必要になるようです。

肌のバリア機能が弱くなると、外部からの刺激が入りやすくなります。
この刺激に肌が反応して敏感になってしまうのです。

この敏感肌になると洗顔料や化粧品、また髪の毛などがふれただけでかゆくなったりで、一度かゆくなると気になって仕方がなくなると思います。

乾燥肌の敏感肌は肌のバリア機能となっているセラミドが不足の状態なので、これを補ったり、洗い方を工夫すればある程度対処できます。

また、アレルギー性の敏感肌の場合、原因物質を調べることにより、それに準じた対応の仕方で対処します。

どちらにしても肌への正しいスキンケアが大切になってきます。
バランス良い食事や規則正しい生活も関係してきますので、少しずつ気にかけていくことが大切です。

このページのトップへ