敏感肌ってなんだろう

一般的に、化粧品にかぶれやすい・少しの刺激でも肌にかゆみや赤みなどが出てしまう症状の肌質が敏感肌と言われているものです。乾燥からくるもの、ストレスなどからくる脂漏性の皮膚炎からによるもの、自分で洗いすぎからくる敏感肌など、様々な原因があります。

詳しく読む

敏感肌の種類

乾燥性の敏感肌、脂漏性皮膚炎やアレルギー性の敏感肌、または自分で肌を荒らしてしまって結果敏感肌となってしまうタイプがあります。セラミドが減少して乾燥している場合、敏感肌になってしまうので、このタイプにはセラミドを減らさないためのスキンケアが必要です。

詳しく読む

敏感肌の予防と対策

敏感肌の人が気にしないといけないのは必要以上に汚れを落とさない、これは肌に必要な部分の皮脂まで落としてしまう可能性があるからです。乾燥性の敏感肌の人であれば、顔はセラミドの入った美容液をつけてからパウダーファンデーションをつけます。

詳しく読む

もしかして自分で作ってる?敏感肌

肌のお手入れ方法が間違っていたりすると、乾燥からの敏感肌になってしまう場合があります。女性の皮脂分泌は10代後半がピークとなり、30代ごろから減少していきます。必要以上の洗顔はしないようにしましょう。

詳しく読む

乾燥肌ってなんだろう

肌を洗いすぎや加齢などより、このセラミドが少なくなると肌が乾燥してしまう、いわゆる乾燥肌というものになっていまいます。加齢とともにターンオーバーに時間がかかるようになりますので、セラミドをなるべく失わないように努力しないといけません。

詳しく読む

乾燥肌とかゆみの関係

洗いすぎると余計な皮脂が取れてしまい、乾燥肌となってしまうのだそうです。必要な皮脂までが剥がれ落ちてしまう状況になってしまいます。入浴後に保湿クリームを全身に、特に腕や足など乾燥しやすい部分に塗るのが、乾燥肌にならないケアです。

詳しく読む

乾燥肌と水分量

乾燥肌というものは、水分をキープするセラミドが少なくって、表皮から染み出てきている水分が蒸発してしまっている状態です。セラミドを守るためにはクレンジングに注意することやセラミド配合の美容液を使用すること、肌代謝をよくするために睡眠をきちんととることです。

詳しく読む

乾燥肌のケア

お風呂から出たら、乾燥肌は特に体から水分を失われないことが重要です。入浴時だけでなく、外出時にもこれは言えることです。意外と忘れてしまうのですが、外出時でも水分はいつの間にかなくなるのです。

詳しく読む

乾燥肌の予防と対策

強いタイプのクレンジング(オイル・リキッドなど)を避け、時間をかけないようにする。セラミド配合の保湿美容液で補う。睡眠時間中にセラミドが作られますので、規則正しい生活をして代謝をよくする努力をしましょう。

詳しく読む

乾燥肌は将来皺になりやすい?

弾力のある繊維、コラーゲン繊維やエラスチン繊維が傷ついたりすることで、肌の弾力が失われていき、結果、これが皺の原因となるのです。エラスチンやコラーゲンの老化を促進させるものに注意が必要です。

詳しく読む

このページのトップへ